忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

オーディオコメンタリー「絵本」(2)

「絵本」回は1話目ということもあり、情報がかなり盛り沢山。

鋼牙のこと
カオルのこと
魔戒騎士のこと
そして、ホラーのこと
その他にも、
ゴンザや、指令書や、魔導火や…

前半15分(正確にはもっと短い)が終わった段階でもかなり密度が濃いですが、ホッとする間もなく、後半にLet's go! です。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「なんだか早いね、あっという間に半分終わっちゃったんだ…」

GAROの文字がクルクルと回転し、場面は一転する。




【カオルが元気よく画廊に飛び込んでくるシーン】
「おはようございまーす!」
--------------------------------------------------

「きゃー、恥っずかしーっ」

画廊のオーナーがホラーに憑依されているとも知らずに、のこのこと能天気に現れた自分を、カオルは恥ずかしがった。
そこに表れたのは鋼牙。
いきなり首を掴まれ柱に押さえつけられたカオルは、恐怖に声も出ない。

「もう、これサイテーだよ、鋼牙。
 善良な人つかまえて、会った瞬間コレなんて…」

口を尖らせて抗議するカオル。

「…すまない」

鋼牙は、きまり悪そうにそう言うしかなかった。




【画廊のオーナーの登場シーン】
「御月くん…」
「オーナー!」
--------------------------------------------------

「おーい、その人悪い人だよー」

カオルは、ディスプレイに映る10年前の自分に呼びかけた。




「ここにある絵を一枚買わせてもらおうと思ってな…」

そう言いながら近づいてくる鋼牙に、カオルは当初の警戒心を忘れたように食いつく。

「ほんとですかぁ?」

それを見て、10年後のカオルは少し情けなく思いながら呟く。

「もう恥ずかしいくらい現金な子…」

そんなカオルを横目に、鋼牙は思った。

(フッ… 今見れば、バカがつくくらい素直で可愛いけどな…)




【鋼牙が月光の絵を選ぶシーン】
「これがいい。気に入った…
 君が届けてくれるか?」
--------------------------------------------------

「これ、嬉しかったなぁ…」

鋼牙は、この絵の前に足を止めるなり、すぐに購入を決めたことが、カオルは嬉しかったのだ。
けれども、鋼牙の関心はすでに他のことに向かっていた。

場面は一気に緊迫したムードに…




【赤い男たちとの戦闘シーン】
長い槍を持つ2体の敵相手に素手で挑む鋼牙。
剣を抜いたら、あっという間に槍を叩き落とし、もう1本の鑓はバラバラに切り刻まれてしまった。
--------------------------------------------------

(どうだカオル、俺の闘いぶりは…)

10年後の自分が見ても、まったく無駄のない安定した闘いぶりを、カオルも目をきっと見張っているはず…
そう思った鋼牙は、横目でカオルを盗み見て驚いてしまった。
カオルは、戦闘シーンが映し出される画面を、特にこれといった感動もなく見つめているだけだった。
しかし、カオルにしてみれば、鋼牙が闘っている姿は何度か目にしているので、特別目を見張るほどでもないのである。




【オーナーがカオルを連れ出そうとするシーン】
「あの男は変質者だ」
「えっ?」
「今、警察を呼んだ。もう大丈夫だ。私がね、うちまで送ろう」
--------------------------------------------------

「やだやだやだ、怖い怖い怖い」

あのときオーナーに掴まれた感触を思い出したのか、カオルは自分の身体を抱いて、ぶるっと身震いをした。

この後の展開は早い。
再び鋼牙が登場し、オーナーにより羽交い絞めにされたカオルが鋼牙目がけて突き飛ばされる。
そして、鋼牙に抱き止められたと思ったら、邪魔だとばかりに脇に弾き飛ばされた。

「ほんっと信じられない…」

拗ねるようにそう言うカオルに、鋼牙は、

「だが、あれは仕方ないだろう?」

と理解を求めた。それでも、

「わかるよ、わかるけどさ…」

と唇を尖らせているカオルに、鋼牙は心の中で手を合わせるしかできない。




【素体ホラー、そして、アングレイ登場シーン】
人間態のときよりもスピードが何倍も速い。
そして、アングレイの登場。
剣を抜き、中空に円を描いた鋼牙の身体に、金の鎧が召喚される。
--------------------------------------------------

「きれい…」

眩しく輝く鎧は、アングレイの放つ攻撃など物ともしない。
カオルは鋼牙の強さなどには見向きもせず、ただ、その造形の美しさに心奪われている様にうっとりしている。
正直なところ、鋼牙はそれが気に喰わなかった。

(見てもらいたいのはそっちじゃないんだが…)

ホラーの速さに負けない俊敏な動き、ぶれない強さ、そして冷静な判断力…
そういうものを見てほしかった、と思った鋼牙は、カオルに気付かれぬよう、小さく溜め息をつくのだった。




【アングレイの最期のシーン】
牙狼剣を抜いた黄金騎士は、ジャンプすると回転しながらアングレイを一刀両断。
激しく飛び散るアングレイのどす黒い血。
--------------------------------------------------

「…」

鋼牙は息を飲み、その瞬間は、沈痛な面持ちで目をわずかにつむった。
が、すぐに目を開き、隣にいるカオルの様子に気を配った。
すると…

「ふぐっ…」

一瞬、身体をびくっと動かしたカオルが、湧き上がる感情を堪(こら)えるように口元を手で抑えた。
肩がわずかに震えている。

「カオル…」

彼女の肩にそっと手を置き、気遣わし気に顔を覗き込んだ鋼牙。
だが、次の瞬間、目にしたものに驚き、目を見開いていた。

「くっ… くくっ…」

なんと、カオルは、笑いをかみ殺していたのだった。



to be continued(3へ)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[10回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
夕月 様[06/15]
ナサリシチ 様[06/08]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe