忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

ひとりじゃない(1)

どうしましょう。
まだ、ラストをどうするのか迷っているのに…

どうしましょう。
公開しちゃったら後には引けないのに…
(まぁ、なんとかなるか)

どうしましょう。
一番迷うのはタイトルなんですよ~
(まぁ、適当で)

すみません、気ままなヤツで…
(違うな、お気楽なだけじゃ?)




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

東の空がだいぶん白んできた。
カオルは屋敷の2階の窓から、玄関へと続く小径の向こうを見つめていた。
罠だと知りながらも、”守りし者” の務めを果たすために出ていった、
鋼牙の帰りを待っているのだった。
カオルと同じ気持ちで、玄関にはゴンザが陣取っていた。

カオルは窓から眼をそらし、ベッドサイドのテーブルに置いてある、
写真立ての中の鋼牙を見た。
思わず、小さな溜め息がこぼれた。

(どうか無事に帰ってきて…)

視線を窓へと戻したとき、早朝の薄靄(うすもや)の中、それに溶け込むような
白いコートがふわりと翻(ひるがえ)ったのをカオルは見た。
カオルの表情に微笑みが広がる。
だが、眼を凝らしてよく見ると、鋼牙は微かに足を引き摺っているようだった。
心持ち目線を下げ、全身に疲労感をまとったような鋼牙の歩みからは、
直前にあったと思われる闘いの凄まじさが感じとられた。

カオルは、すぐさま窓の傍(そば)を離れ、階下へと駆け下りる。
ゴンザが声をかけるが、それに答えるのももどかしく、玄関のドアを大きく
開け放ち、カオルは鋼牙の元へと急いだ。

駆け寄る足音に、鋼牙のほうもカオルに気付いたようで足を止めた。
次の瞬間、少し丸まっていた背をピンと伸ばし、胸を張り、歩き出した。
足を引き摺ることもなく、いつものように足早に大きく…

(ん~もぅ、ばかっ!)

カオルは鋼牙の元に駆けつけると、息を切らしながら言った。

「…はあ、はあ…
 あたしの前で無理しないでっ!
 足、痛いんでしょ? …はあ、はあ…
 カッコなんかつけないでよっ!」

「…」

どう答えればいいのか迷う鋼牙の代わりに、ザルバが冗談めかして言った。

『ようやく帰ってきたっていうのに、帰ったなり、この出迎えかぁ?
 もう少し、優しく心配してくれないかぁ~、カオル。』

「ザルバ!」

鋼牙はザルバを制した。
カオルはもっと言いたいことがありそうで、大きく息をつき、それから
深く空気を吸い込んで、言葉を発しようとした。
だが、言葉の代わりに、その大きな瞳から涙がこぼれた。

「あっ」

カオルは慌てて後ろを向き、涙を手でぬぐう。

「なんでもないからっ!」

強がるカオルにを前に、鋼牙は、かける言葉が見つからなかった。
そんな鋼牙にザルバが囁く。

『抱きしめて、キスのひとつもすりゃ~いいんじゃないかぁ?』

「黙れ!」

小さく、短く、ザルバを遮(さえぎ)る。
そのとき、ようやく涙を拭いたカオルが、鋼牙のほうへと振り返った。

ふわり…

「えっ」

カオルの視界が鋼牙によって覆われた。
鋼牙がカオルを抱きしめていたのだった。

「約束どおり、ちゃんと戻った。
 ずいぶん心配をかけさせたようだな。
 すまなかった。」

優しい声でそれだけ言うと、すぐに鋼牙は離れた。

「ゴンザが待っている。
 帰るぞ。」

いつもの声でそう言うが、無理をしているのはミエミエだった。

鋼牙は鋼牙なりに精いっぱいカオルのことを想っている。
そしてそれを態度で示そうとしてくれていた。

「…うん。」

(だから、あたしも…)

ちょっとだけ勇気を出して、前を歩く鋼牙の腕に自分の腕を絡ませた。
驚いた鋼牙がカオルを振り向いたが、振り払うこともせず、何も言わずに
そのまま、ゴンザの待つ屋敷に向けて歩みを進めた。



to be continued(2へ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


拍手[20回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
「魔弾」 after ですか~?
この後、どうなるんでしょう~?
私もこの後の展開がパソ内に眠ってますけど、すでに切り口が全く違うので、すご~く楽しみです。
また、遊びにきますね~~
ワクワク❤
なな 2012/07/09(Mon)22:12:46 編集
Re:「魔弾」 after ですか~?
なな様、どうしたらいいんでしょ~
実のところ、ほんとに何も決まってなくて、もう泣きそうです~
(うぇ~ん ってもう泣いてる?!)

こんな無謀はするもんじゃないですね。
(しくしく ってやっぱ泣いてる?!)

ありきたりじゃダメだ~って、selfishの内なる声(どんな声よ?!)が
言うんですけど。
烈火炎装できるようになるのかどうか…

なので、きっと、次のアップはちょっと先です。
みなさんの興味がなくなった頃にヒッソリやります。
ごめんなさ~い!
【2012/07/09 23:12】
こういう時は・・・
「指輪」と、「魔弾」を見なおしてみてはいかがでしょう?
「指輪」をまず1回。
「魔弾」を、鋼牙目線で1回、神須川目線で1回、カオル目線で1回。
それで足りなかったら、selfish様目線で通してもう1回。
なにか見えてくるかもしれませんよ。
それと、ありきたりだっていいんじゃないでしょうか?
selfish様らしさが出てれば、それが一番、だと思いますけど・・・
なんて・・ 忘れてください。

なな 2012/07/09(Mon)23:48:08 編集
Re:こういう時は・・・
アドバイスありがとうございます。
予習と復習が大事なのですね。

selfishはいい加減なので(だから、いつも見切り発車~)、
TVシリーズのDVDをつらつら眺めて、ちょっとした台詞とか表情とか、
そういう断片だけで妄想に走ってしまいます。
だから、反省します…  1、2、3、… 反省終わりっ! (はやっ?!)

「selfishらしさ」とは何か…
何ですかねぇ?
【2012/07/10 08:20】
この頃
一期の生命→魔弾→刻印の3話が大好きでした。たまらなく大好きでした。
あの3話周辺は 隙間が沢山ありますよね~。おいおい、何時の間に あんたたち……みたいなwww

つづき、とっても楽しみにしていますが
この作品はこの作品で しっかり完結してると思います♪
hitori 2012/07/10(Tue)18:34:40 編集
Re:この頃
うぎゃ~、hitori様の大事なお話なのですか!!!

マズイ、マズイ、いい加減なんかじゃ、絶対ダメだ~~~っ!
ギャグにしちゃ~ダメかな~ ど~かな~
まだ、どっちに転ぶかわかんないんですよ~

えっと、もし大コケしたら、お叱りは甘んじて受けますので
のんびりと、コトの先行きを見守ってくださりませ。

【2012/07/10 20:27】
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe