忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

ひとりじゃない(2)

これっていいのかな~
でもね~、なかなかね~、  …もごもご…
(いやいや、ココでバラしちゃダメですよね)

selfishが唯一言いたいのは…

怒っちゃヤ~よ! (苦笑)




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

屋敷に戻ると、鋼牙は熱いシャワーを浴び、軽い食事と2~3時間の
仮眠を摂っただけで、すぐに管轄の見回りに出かけて行った。
ただし、夕方の早い時間には屋敷に戻って再び仮眠を摂り、夜の仕事に
備えて体力を回復させた。

だが、この日、番犬所からの指令はなかった。

昨夜、番犬所は罠と知りつつ鋼牙をハメるような指令を出した。
この件に番犬所が絡んでいるのは疑いようもない。
それは、モロクを封印した短剣が、あの父親の手に渡っていたことからも
明白だ。
そして、鋼牙が番犬所に強い不信感を持っていることも、番犬所は十分
承知だろう。
もし、ホラーが出現したとしても、今日のところは、鋼牙ではない他の騎士に
指令が回されることになるだろう。

鋼牙は夕食を終えると、指令が来そうにもないことから、ゴンザにこう
言った。

「ゴンザ、今日はもう休め。
 お前も昨晩はよく休めなかっただろうから…
 明日の朝もゆっくりでいい。
 近いうちに、また慌しくなりそうだから、休めるのは今のうちだけだ。」

「わかりました、鋼牙様。
 鋼牙様も、今晩はゆっくりお身体をお休めくださいませ。」

ゴンザは、番犬所の件で鋼牙がまもなく動くのだと察知したうえで、
その言葉に従うことにした。

(それにしても、私の身体を気遣うとは…
 鋼牙様もずいぶん変わられた…)

ゴンザは、人間としての鋼牙の成長をまざまざと感じ、ひとり目頭を
熱くした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夜も更け、鋼牙は自室に戻ったが、夕方に仮眠を摂ったためすぐには
眠れそうになかった。
それならばと、書斎から本を何冊か持ってくるつもりで階下へと下りた。
リビングのドアを開けると、真っ暗な中にいた人影がビクリと動いた。

「カオルか?」

「…鋼牙?
 あ~、びっくりした~」

「何してるんだ、こんな暗い中で。」

「へへへ~っ、お月見してたんだぁ。
 だって、あたしの部屋からじゃ、窓から身を乗り出さないと見えないん
 だもん。
 飲みながらそんな格好してると、落ちそうじゃない?」

「なんだ、飲んでるのか?」

「うふっ。
 ゴンザさんから梅酒を分けてもらっちゃったの…」

そう言うと、窓の外に眼を移す。

「お月さま、きれいなんだよぉ~
 鋼牙もこっち来て、見るといいよぉ~」

鋼牙は言われるまま、カオルに近づき、カオルの目線に合わせるようにして、
月を探した。
カオルからは、シャンプーの香りと梅酒の甘酸っぱい香りとが溶けあった、
なんともいい香りがした。

「いい月だ。
 月を眺めるなど、これまでしたことがあったか…?」

「え~っ、そうなの?」

カオルが鋼牙を振り返った。
鋼牙があまりに近くにいてドキドキした。
そんなカオルを余所(よそ)に、鋼牙は、

「俺も飲むかな。」

と呟き、カオルから離れてキッチンに向かった。

(あ~っ、びっくりした。)

カオルは梅酒のせいだけでない火照った顔を、パタパタと手で仰いだ。
程なくして鋼牙が戻ってきた。
カオルは何気ないふうを装い、

「あっ、きたきた。
 かんぱ~いっ!」

とグラスを合わせた。

「鋼牙と飲むなんて、初めてだね?」

「あぁ、そうだな。」

「…」

「…」

ところが、それきり会話が進まなかった。



to be continued(3へ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[20回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe