忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

同居のルール(2)

「せめぎあう意識」で、TVシリーズ第1弾の第24話「少女」まで妄想したと
いうのに、未練たらしく逆走しています。
ついてきてくれてますか? (すみません。)

今しかできないかな~と思うので、selfishの気の済むまで、やらせて
くださいね。
Are you all right?




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

鋼牙は庭に出て、ザルバを前方にかざしながら、ぐるりと一周する。
庭から雑木林の中に入っていく道のところで、ザルバは言った。

『鋼牙ぁ、どうやら、あのお嬢ちゃんは、この道に入っていったな。』

いい加減、腹の空(す)いてきた鋼牙は、怒気を含んで、

「さっさと行って、連れ戻してやるっ!」

と吐き捨ててから、猛然と雑木林の中に入っていった。

その頃カオルは…… 道に迷っていた。
ちょっとした心細さに、つい思ったことを口に出してみる。

「あれ~? 一本道のはずなのにな~?」

そんなカオルの姿をめがけ、道などお構いなしに、一直線に突き進んでくる
姿があった。
腹を空かせた、怒れる狼だった。

「あっ、よかった~」

鋼牙の姿を見つけて安心したため、思わず笑みがこぼれたカオルを見て、
カオルの前まで来た鋼牙は思わず声を荒げる。

「人が朝飯も食わずに探しに来てやったっていうのに、なにヘラヘラ
 笑ってるんだっ!」

鋼牙の鋭い叱責が雑木林を震撼とさせる。
常人なら、いや、ホラーですら怯えきって一瞬固まってしまうような
怒気を孕(はら)む鋼牙に対して、カオルはシュンとなりつつも、

「ごめんなさ~い。
 そういうつもりはなかったの。
 見つけてもらえてよかった~って思っただけなんだけど…」

とすんなり謝った。

(これは、これは…
 案外、このお嬢ちゃん、スゴいもん持ってるかもなぁ)

ザルバは、思わず内心で舌を巻いた。

「いいか、よく聞け。
 お前は、曲がりなりにも俺たちと同じ屋敷に住むんだ。」

「うん。」

「どこかに行くなら行くと、ゴンザにはちゃんと断っていけっ!
 お前の勝手な行動は、お前を心配する者に、無駄な労力と時間を
 使わせることになるんだっ! 判ったな!」

「…はい…」

「なら、戻るぞ。」

来た道を猛然と突っ切っていく鋼牙の後を追い、小走りするように
ついてきていたカオルが、しばらくしてから、そっと鋼牙に聞いた。

「ねぇ、あなたもあたしのことを心配してくれたの?」

鋼牙はピタリと止まり、ゆっくり振り返ると、鬼のような形相をカオルに
近づけ、憤然として言い放った。

「俺は、はやく飯が食べたいだけだ!」

(やれやれ…
 鋼牙に負けず劣らず、空気が読めねぇ お嬢ちゃんだ…)

ザルバはそっと溜息をついた。




fin
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


自分以外の人と同じ屋根の下に暮らす際の、一番基本的なルールを、
鋼牙がカオルに教える… という妄想です。

鋼牙は、一般的な家庭では育ってないですが、ゴンザがいてくれたので、
カオルよりはその点においてマトモだったかもって…

腹が空いているだけで怒るなんて、鋼牙にはありえないかも、ですが、
いきなりの闖入者(ちんにゅうしゃ)に、日頃のペースを崩されて
イラついていたということで、お許しを。
とにかく、鋼牙を怒らせたかったんです。
(あれっ、やっぱり、selfishは ドM なのか?)

あと…
「同居のルール」ってタイトルをつけたのですが、「はらぺこおおかみ」の
ほうがいいかなぁ~ って思えてきて…
公開後にタイトルって替えてもいいものでしょうか?

拍手[21回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe