忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

synchronicity(2)

ちょっと短いのですが、アップします。
あんまり一度にたくさんアップすると、す~ぐ終わっちゃうので…
いま少し、チマチマやらせてください。
selfishのわがままをどうか許して…

これが終わると、ホントど~なってしまうのか?
オロオロです~
ひょっとして、selfishの病気が治るのか?
妄想の虜(とりこ)から開放されるのか?




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

鋼牙の北行きは着々と準備が整っていった。
それに引き換え、カオルの方は、留学に向けた諸々の手続きに幾日も
費す必要があった。
そのため、鋼牙たちが北に向けて旅立った後も、しばらくは日本に、
つまり、この東の管轄で時を過ごさなければならなかった。
その間、どこに身を置くか、カオルにとっては頭が痛いことだった。

「此処(ここ)にいればいい。
 ゴンザ、カオルに合鍵を渡してやれ。」

鋼牙はいともあっさり、カオルに言った。

「え~っ、ちょっと待って!
 合鍵って… 
 あたしのこと、そんなに信用しちゃっていいの~っ?」

『最後の戸締りだけはしっかり頼むぜ、カオル。』

「そ、それは、もちろんだけど…
 いや、そういうことじゃなくって…
 えっと、それに、その合鍵、どうやって返せばいいのよぉ~」

いきなりの申し出に慌てまくっているカオルを余所(よそ)に、鋼牙は
またもや、即座に言い放つ。

「返す必要はない。
 お前がずっと持っていればいい。

 まぁ、返してくれても構わないが…
 お前の好きにしろ。

 ゴンザ、カオルに北の屋敷の連絡先を教えてやってくれ。」

「いやっ、あの…」

なおも食い下がろうとするカオルを遮(さえぎ)り、脇で二人のやりとりを
聞いていたゴンザが口を挟んだ。

「カオル様。
 ここは鋼牙様のおっしゃるとおりになさるのが、一番よろしいかと…
 カオル様を一人残していくのは、わたくしも心配です。

 この屋敷は、もはや、カオル様の家も同然なのです。
 どうぞご遠慮なさらず、お使いになってはいかがですか?」

「ゴ、ゴンザさん…  ふぇ~ん…」

「おやおや、泣くのはおかしいですよ。

 カオル様、イタリアで存分に学んできてください。
 そして、素晴らしい作品をたくさん描いてくださいませよ。」

「…ゴンザさん… 鋼牙… 本当に此処にいていいの?」

二人は揃って大きくうなずいた。

「ありがとうございます… ぐすっ
 あたし、絶対、成長して帰ってくるから… ひっく

 あっ! いいんだよね?
 鋼牙たちのところに戻ってきても… ?」

鋼牙の答えは、単純明朗。

「当たり前だ。」

ザルバが茶化して付け加える。

『他に行くところでもあるっていうのかぁ?』

ダメ押しとばかりに、ゴンザも口を添える。

「カオル様、お困りになったらいつでもご連絡ください。」

「…」

カオルはもう何も言えず、ただただ頭を下げるしかできなかった。



to be continued(3へ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


拍手[11回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe