忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

synchronicity(1)

いよいよ、ここまで来てしまいました…
嬉しいような、寂しいような…

オリジナル(原作)の最終話の終わり方は、本当に素晴らしいので、
こんな妄想なんぞ、蛇足以外の何者でもないのですが、それでも妄想して
しまうのは、selfishが病人だから… (あ~あ、認めちゃた! 笑)

眼の肥えたみなさんにどう映るのか、めちゃくちゃドキドキです~




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「お前には本当に世話になった。」

それだけ言うと、鋼牙は白いコートをさっと翻(ひるがえ)し、一度も振り返る
ことなく、ゴンザとともに北の管轄へと旅立っていった。

「最後まで愛想ないヤツ…
 ありがと… 牙狼。」

カオルは車が見えなくなるまで見送った。

涙はなかった。
鋼牙は鋼牙のやるべきことを見据え、カオルはカオルの向かうべき道を
行(ゆ)くから。

(さぁ、あたしもイタリア行きの準備をしなくちゃ…)

ひとつ小さくうなずくと、カオルは回れ右をして冴島邸へと向かって、
歩き出した。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それより、数日前のことだった。
鋼牙は零とともに西の番犬所に呼び出されていた。
二人が番犬所に揃うと、無表情な青年の顔をした神官は、抑揚のない
声で告げた。

「零…
 お前の能力とこの度(たび)の功績を認め、 魔戒騎士の系譜に
 ”絶狼” の称号を加えることが決まった。」

零はただ困惑し、なんと答えればいいのか、なんと答えるべきか
判らないでいた。
そんな零に、鋼牙は言った。

「お前の力は俺が認める。
 何も迷うことはない。

 俺たちは魔戒騎士としての務めを果たせばいい。
 ただ、それだけだ。」

鋼牙の言葉を聞き、ようやく零は、その喜ばしい決定を素直に受け入れる
ことができた。

ところが、西の神官の話はこれで終わりではなかった。
零には東の管轄を任せることが、鋼牙には北の管轄行きの命(めい)が
伝えられたのだった。
鋼牙は、驚きの色を隠せなかった。

(カオルと離れ離れになるのか…)

魔戒騎士としての務めを疎(おろそ)かにするつもりは毛頭ないが、
カオルの存在が ”闘う糧” になっていたことは事実であり、そのことを
考えると、鋼牙は一抹の寂しさを感じずにはいられなかった。

(なに、永遠の別離というわけでもない。)

そう自分に思い込ませ、諾(だく)の返事を告げ、西の番犬所を後にした。

屋敷に帰り着いた鋼牙は、すぐさま、ゴンザとカオルに北行きのことを
告げた。

「カオル、しばらくお別れだ。
 俺は北の管轄に行くことになった。」

「大丈夫。
 実はあたしもね…」

カオルも画家という夢の実現のため、イタリアへの留学を心に決めて
いたのだった。

「そうか…」

突然のカオルの告白に、鋼牙はそれだけを言うのがやっとだった。
今日は、西の神官にしろ、カオルにしろ、驚かされることばかりだ… と
思いながら。

だが、すぐに鋼牙は気持ちを切り替えると、出立(しゅったつ)の準備に
取り掛かるよう、ゴンザに指示を出した。

「ザルバの代わりとなる魔導具が手配されるまで、まだ3~4日かかり
 そうだ。
 こっちで受け取ったらすぐに北に向かうことになるから、それまでに、
 ここを引き払う準備をつけておいてくれ。」

「かしこまりました。」

主(あるじ)の命を受け、ゴンザは慌しく引越しの準備に取り掛かった。

「なぁに、本当に必要なものだけあればよいのです。
 それ以外はあちらで用立てればよいのですから。」

心配するカオルに、ゴンザはそう言っていたが、驚いたことに、3日後には、
ほぼ支度が整っていたのだった。
カオルは、あまりのゴンザの手際の良さに、本物の執事の何たるかを
垣間見た気がした。



to be continued(2へ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[11回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe