忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

dear friend

どこを妄想すべきか迷いますね~
あんまり迷いすぎてアップできないでいると、みなさんに忘れられそうで
コワい…

とりあえず、こんな妄想はいかがでしょうか?




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「亜佐美~っ! ちょっと待ってぇ~!」

その声を聞いて、振り向いた亜佐美は足を止め、にこっと笑顔を浮かべた。
鞄をカタカタさせながら、カオルが亜佐美に向かって駆けてきていた。

「はぁ~っ、やっと追いついた!」
「カオル、先生との話は終わったの?」
「うん、まあね…」

この日、カオルは、高校卒業後の進路について、放課後、担任と話し合う
ことになっていたのだった。

両親のいないカオルは、当初、卒業後は進学せず、就職するつもりでいた。
だが、先日の文化祭で、カオルの描いた絵を認めた男性が、経済的な支援を
申し出てくれたことで事態が一転した。
憧れでしかなかった美大進学が、実現する可能性が見えてきたのだった。

亜佐美と合流したカオルは、担任との間で交わされた会話の内容について、
親友にいろいろ話して聞かせた。
一通り話し終わると、今度は亜佐美の番。

「ばっちり仕事してぇ~
 きっちりお給料もらってぇ~
 しっかり遊んでぇ~
 収入も顔もスタイルもイイ男をつかまえるのぉ~!」
「え~っ、ちょっと欲張り過ぎなんじゃないのぉ?」
「い~や、この亜佐美様ならできる!
 ぜ~ったい幸せになるんだから~!」

ふたりは横断歩道に差し掛かった。
会話はどんどんヒ~トアップする。
身振り手振りも大きくなり、こづき合い、ぶつかり合いながら階段を
上がっていく。
会話も絶頂を迎え、周囲のことなどお構いなしとなったとき、

「おいっ!」

ふたりの後ろから、不機嫌そうな男の声。
驚きのあまり、足が止まり、それからゆっくり振り返る亜佐美とカオル。
男… と言っても、ふたりとはそれほど年が離れていない、せいぜい
1~2歳上かもしれないという程度の若い男だった。

「邪魔だ!」

ふたりの視線を物ともせず、険しい視線と短い言葉を投げつけた。
それから、固まったままのふたりの間を強引に割って入り、あっという間に
前方へすり抜けていった。

「…」
「…」

言葉もなく、男を見送るふたり。
やがて、ゆっくりお互いを見る。

「びっくりした~」

カオルが目をまん丸に見開いて呟(つぶや)く。

「なに? あれ…」

眉をしかめて、吐き捨てるように言う亜佐美。
だが、次の瞬間、目をキラキラさせて言う。

「でも、わりとイイ男だったよね?」
「え~っ!
 あの一瞬でそんなとこ見るぅ?」

亜佐美の言葉に、前を歩く男の姿を目で追う。
だが、男は振り返ることなく足早に歩いていた。
もはや顔はわかりようがないが、ぴたっと身体に沿った黒いシャツの
背からは、その下にある筋肉のしなやかな動きがよくわかった。
見せるための筋肉ではなく、使うために必然的に鍛えられた美しい
筋肉だった。

「顔はわからないけど、イイ身体してるなぁ…」
「ちょっとぉ、カオル!
 そんな台詞、他の人が聞いたら驚くよ!」
「あっ、いや、絵のモデルになってくれないかな~ってだけなんだけど…」

ふたりは目を見合わせて笑いあった。

「はいはい、 カオルちゃん。
 受験まで時間がないんだよ?
 どんどん描いて、ぜ~ったい、美大に受かりなよ!」
「うん、あたしがんばるよ。
 亜佐美も… ううん、亜佐美は大丈夫だと思うけど、がんばってイイ女に
 なってね!」
「任せて!」

そこまで言うと、亜佐美はすっと真顔でカオルに言った。

「カオル。
 5年後、10年後も今みたいに友達でいたいね。」
「亜佐美ぃ…」

カオルはちょっと言葉に詰まったが、すぐにきっぱりとこう言った。

「今までどおりって訳にはいかないかもしれないけど、亜佐美はずっと、
 あたしの大事な友だちだよ。」

亜佐美はちょっと照れくさそうな顔をして、それからニヤっと笑った。

「さて、カオルとの友情を確かめ合ったことだし、次は、さっきのイイ男と
 運命の糸の存在でも確かめようかな?」

そう言うなり、亜佐美はダ~っと駆け出した。

「も~っ、亜佐美ったら~」

カオルも亜佐美を追い掛けて走り出した。

(亜佐美ぃ、あたし、絶対、画家になるからね!)



fin
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


鋼牙に出会う前の、高校生だった頃のカオルについて書いてみました。

もう一度言います。
「鋼牙に出会う前」の妄想です。

でも、鋼牙とカオルは幼い頃に実は出会っていた、というシーンが、
小林さんの書かれた「暗黒魔戒騎士編」のノベライズ、第7章「希望」に
ありますね。

それなら、その後も、どこかで1回くらいすれ違ってもいいよねぇ~、
鋼牙もカオルも同じ東の管轄でずっと暮らしていたんだし…
で、生まれたのがこの妄想です。

さぁ~て、この後、カオルたちは鋼牙に追いつけたのでしょうか?
続きは、みなさまの頭の中でど~ぞ!

拍手[17回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe