忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

synchronicity(4)

とうとう、終わります、「synchronicity」…
短いです、「synchronicity(4)」…
でも、みなさんにビシ~っと印象深く残るといいな~と思っています。

多くはここでは言いません。
どうぞご覧ください。
(ご覧いただいた後、多くを語るかも… 笑)




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

東の冴島邸では、月を友とし、カオルがひとり、梅酒ソーダを飲んでいる頃、
北の冴島邸では…



『ゴンザ、いったい、いつまでそうしているつもりだぁ?』

かれこれ1時間以上も前から、電話の前でウロウロしているゴンザに
ザルバが声をかけた。

「あっ、いえ…
 カオル様からお電話があるかも、と思いまして…

 …いや、いっそ、こちらからおかけした方が…

 いえいえ、なまじ、声をお聞かせしたのでは、かえって寂しさが募って
 しまうかもしれませんし…

 はてさて、どうしたものか…  ぶつぶつ…」

『やれやれ…
 寂しがっているのはカオルじゃなくて、ゴンザのほうだなぁ、鋼牙?』

「まったくだ。」

電話の前でまだ思案しているゴンザを横目に、鋼牙は、北の屋敷の
リビングにある、真新しいソファに腰を下ろした。
そして、その長い脚をソファの反対側の肘掛のほうに投げ出して、
ソファの背もたれに肘をかけた。
そのまま顔を窓のほうに向ける。
そこからは月がよく見えた。

「いい月だな…」

鋼牙は、誰に聞かせるでもなく優しく呟(つぶや)いた。

カラカラン

その呟きに返事をするかのように、鋼牙の手の中のグラスに入った氷が
軽やかな音をたてた。
鋼牙はグラスを月のほうに持ち上げ、乾杯するかのようにちょっと傾けてから、
グラスに口づけた。



fin
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


はい、めでたし、めでたし。

(なのかなぁ~?
やっぱりここは、
「いつまでも、いつまでも、ふたり仲良く、しあわせに暮らしましたとさ」
じゃないとなぁ~ 涙)

えっと、ちょっとだけ制作秘話を…
(ってたいしたもんじゃないですが)

最初の構想では、タイトルは「絆」でした。
そして、この 「synchronicity(4)」 の部分も ”おまけ” 的な位置づけ
でした。
(実は、鋼牙の
「まったくだ。」
という台詞で、コミカルなまんまで終わらせようと思っていたのでした~)

でもね、せっかく ”最後” なんで、鋼牙をちょっと気障(きざ)なくらいまでに
カッコよく(なってますか?)書かせてもらいましたよぉ!

その結果、 ”偶然の一致” が生まれちゃったので、タイトルもそれを
象徴するようなモンがないかなぁ~ ということで、「synchronicity」に
なりましたとさ。

ちなみに、 「synchronicity(シンクロニシティ)」 とは、
”意味のある偶然の一致” ということらしいです。

なんかですね~ 浄化が終わったあとを妄想した 「ひとりじゃない」
から、うま~い感じにつながったなぁ~ってことで、自己満足してます。
みなさんがどう感じられたかは…??? ですが。

とにかく、みなさんには、最後までお付き合いいただいて、感謝、感謝
です!
ありがとうございました!!

拍手[20回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe