忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

We're All Alone

「つないだ手」の続編みたいなものを書いちゃいました。
(「つないだ手」を未読の方はこちらをお先にどうぞ!)

というか、「つないだ手」と合わせて、1本にすればよかったのかも。
考えナシに、場当たり的に妄想するからこういうことになるのだと、
ちょっと反省。
………… 反省終わり! (はやっ)

「つないだ手」の二番煎じになる感じですが、久しぶりに書いたので、
甘さ具合がよくわかんないことになっちゃいました!

お砂糖を加え、蜂蜜を加え、もう少し足らないかな~って感じで、
メープルシロップまで垂らしておきましたので、甘いのが苦手な方は
回れ右、でお願いします。
また、リキュールの類は一切使用しておりませんので、大人な味を
好まれる方は満足できないかと思われます。予めご了承ください。

いや、でも、そんな大したことないかも…
う~ん、やっぱり判んないので、みなさまでご判断くださいませ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

閑岱の地から屋敷の主(あるじ)が戻り、冴島邸には和やかな時間が
流れていた。
お茶を飲み終わると、鋼牙は席を立ちながら言った。

「少し休む」

それを受け、ゴンザが答えた。

「それでは、昼食は軽めのものをご用意しておきます。
 休まれた後、いつでもお召し上がれるようにしておきましょう。
 カオル様も、お好きなときに召し上がっていただければと思いますが、
 それでよろしいでしょうか?」

「それで頼む」

了承の意味を込め、カオルもうなずいた。

「では、昼食を用意してすぐ、わたくしは出かけても構いませんか?
 鋼牙様が無事にお戻りになったのですから、今晩は腕によりをかけて
 ごちそうを用意しようかと思いまして。
 いろいろ買い物をしてまいりたいのですが…」

「そうか。
 俺は、昼食を済ませたら、管轄の見回りに行く」

お前はどうする? とでも言いたげに、鋼牙はカオルに視線を向けた。

「あたしのことは気にしないで!
 子供じゃないんだから大丈夫」

鋼牙がうなずいて、屋敷へと足を進めた。
カオルに向け軽く一礼してから、ゴンザもまた、鋼牙の後ろについて
屋敷に入っていく。
二人の背を見送りながら、カオルは考えていた。

(なんかさ… ちっとも変わらないね。
 ようやく会えたっていうのに…
 そっけないっていうか、つれないっていうか。

 でも、あたしにはこのくらいがちょうどいい…

 あぁ、今頃になって実感しちゃった。
 あたし、鋼牙のもとに帰ってきたんだぁ…)

しばらく感傷に浸った後、カオルは勢いよく立ち上がると、庭の中央にある
キャンバスに向かって歩きだした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

数日ぶりに自室に入った鋼牙は、ザルバを指から外すと、ベッドに
ダイブするなり、そのままの姿勢であっという間に意識が飛んだ。

しばらくして、鋼牙は目覚めた。
時間にしてほんの短いものだったが、身も心もリラックスできる自宅で
休むことにより、気力、体力を十分に回復させることができた。

昼食を摂ろうと階下に下り、リビングから何気なく庭を眺めた。
カオルがイーゼルの前でキャンバスに向かっていた。
陽炎が立ち昇る夏の暑い日差しの中、白い服を着たカオルの身体が
光と一体になり、吸い込まれていきそうな錯覚すら覚える。
思わず鋼牙は庭へと足を向けた。
カオルに近づきながら、鋼牙は思った。

(カオル、お前を束縛しようとは思っていない。
 お前が歩きたい道を選び、叶えたい目標に向かうのを邪魔するつもりは
 ないつもりだ。
 だが…)

鋼牙の気配に気づき、振り向こうとするカオルを、鋼牙は後ろからしっかり
抱きしめた。

「…鋼牙…?」

驚きながら、それでもカオルは鋼牙を振りほどこうとはしなかった。
そして、抱きしめる腕の力が少し弱まったとき、優しく聞いた。

「どうしたの?」

顔を鋼牙のほうに向けようとしてみたが、鋼牙の腕がそれを許さなかった。

「カオル…」

間近で聞こえる鋼牙の声に、思わずカオルの身体がびくっと動いてしまう。
それを契機に、また鋼牙がきつく抱きしめる。

「…鋼牙?
 ちょっ… 痛い…」

か細いカオルの声に、鋼牙はハッと我に帰る。

「すまない」

すぐに少し腕を緩めるものの、やはり、鋼牙はカオルに面と向かおうとは
しなかった。

「カオル。
 お前の見つめる先と、俺の見つめる先が、いつも同じであるはずがない。
 だが、それでも、たまには同じ方向を見つめることがあるかもしれない。

 だが、時には…
 俺はお前と向き合えることができたら… と思うんだが」

カオルは今すぐにでも振り返りたい衝動を抑えつつ、振り返らないまま、
鋼牙に尋ねた。

「その ’時には’ っていうのは、例えば、 ’今’ でもいいんだよね?」

「…」

胸のうちを吐露してしまった気恥ずかしさに、今の自分を見られたくないという
思いのある鋼牙は、カオルにどう答えればよいものか迷った。
だが、返事の代わりに、カオルを拘束していた腕をそっとほどいてやった。
一呼吸おいてから、カオルはくるりと振り返り、飛びっきりの笑顔を見せた。

「あなたは牙狼。
 ホラーから人を守る運命を背負った黄金騎士だもの。
 あたしだけが独り占めできるわけないのは解ってる。

 あたしだって、そう… 
 あたしも画家になる夢はどうしても捨てられない。
 あなただけを見つめて生きていくことは…
 ごめんなさい… 多分、できそうにないの。

 だけど、時には…
 あなただけのあたしになれる。 ううん、そうなりたい。
 そして、鋼牙も、ちょっとだけ、あたしだけの鋼牙になってくれる時間が
 あった… ら…」

カオルがすべてを言う前に、鋼牙はカオルを抱き寄せた。
そして、本当に優しい声でささやいた。

「それは、 ’今’ でもいいんだな?」

トクッ トクッ トクッ トクッ …

鋼牙の心臓の音がカオルに伝わる。

鋼牙の腕の中で、カオルがうなずいた。

鋼牙はカオルの肩に手を置き、少し身体を離した。
カオルが、鋼牙の眼を見つめる。
鋼牙が、カオルの熱を帯びた視線を受け止める。

そうして二人は甘く溶け合うように唇を重ね、’今’ という時間を互いに捧げ、
’今’ という時間を二人だけで分かち合った。



fin
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この妄想は、Boz Scaggs の歌う ’We're All Alone’ という曲が
関係しています。

興味があれば、見てみてくださいね。
  http://www.youtube.com/watch?v=3jELdHlPj58
(いかにも… ってムードの曲です~  苦笑)

英語の苦手な selfish は、’We're All Alone’ というタイトルは、
「俺たちはみんな、所詮はひとりなんだ」
という意味だと思ってたのですが、正しくは、
「俺たちだけだね」
というニュアンスみたいです。

その解釈の間違いに気づいたとき、この妄想のドアがノックされました。
(オーバーな…  汗
 しかも…
 まったく牙狼とは関係ないところから妄想するなんて、もうフツウじゃない
 ですねぇ~~~ 涙)

鋼牙もカオルも「ひとり歴」が長いので、互いに束縛するのもされるのも
ちょっと… ですよね?
誰にも迷惑かけずにひとりで生きていくさ
自分は自分の好きなように生きていくのさ
って感じかと…

だけど、ザルバを外させ、ゴンザも出掛けさせ、ふたりっきりにしてやれば、
どうなるかな~~~って。
(しかも、しばらくぶりの再会の直後だし…)

というわけで、これも、今しか書けなかった妄想です。

拍手[36回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは、ご無沙汰しております。愛読のみでなかなか、コメントは、出来ませんが、鋼牙の控えめな一歩ひいた言葉をカオルが背中を押した感じでいいですね、
かなまま 2012/09/03(Mon)20:38:50 編集
Re:無題
コメントありがとうございます!
いつもいらしてくださってるのですね? とっても嬉しいです~

黄金騎士としては立派でも、カオルとのことについてはまだまだへっぴり腰の ’うちの鋼牙’。
言いたいことは頓着せず言うくせに、変なところで気を遣って、何かとひとりでこっそりやってしまう ’うちのカオル’。

まだまだ不出来ですが、これからも一緒に愛おしんでくださると嬉しいです。

それから…
長いコメントは書くのが大変なので、「また来たよ」くらいでも全然いいですよ。
あぁ、かなまま様もお元気なんだわ、って思えるので、また気が向いたら、コメントくださいね。
【2012/09/03 21:45】
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe