忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

宴の夜(5)

完結です…
「起承承承結」です!

とっても長くなってしまいましたね。
ドラマティックなことは何も起こらないのに…

迷走しまくった最後の部分、みなさんがどう思われるか心配です。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

月が出ていた。
離れまでの道に明かりはなかったが、月の光があれば、魔戒騎士にとって
夜道を歩くことは、そう難しいことではなかった。
心を許す友との話を楽しみながら酒を飲み、少しばかり上気した頬に
夜風が心地よかった。
風の向きによるのか、宴の席の笑い声や歌声が大きくなったり、小さくなったり
しながら、鋼牙の周りをうろつき、そして追い越していった。
鋼牙の歩みは自(おの)ずと、ゆったりとしたものになっていた。

『お前にしては珍しく、ずいぶん飲んだんじゃないのか?』

「まぁな。
 零や翼がいるからと安心して、少し気を抜き過ぎたようだ。」

普段は、いつ来るか判らないホラー狩りの指令を待つため、鋼牙は、滅多に
酒を口にしなかった。
だが、今宵は素面(しらふ)の零の存在と、自分の管轄でないこともあり、
自制心がゆるんだのだろう。

『たまには、いいじゃないか。
 友や仲間と楽しいひとときを過ごすのも…』

「そうだな。」

ザルバとの語らいを楽しみながら、鋼牙は夜道を歩いた。
鋼牙はふと夜空を見上げた。
満天の星が降ってきそうな空だった。
ほぉ~っと声にならない声が漏れた。

『鋼牙、前から思っていたんだが…
 お前は、空を見上げることがよくあるよな?
 何か意味があるのか?』

「意味か?   …… ふっ」

何を思ったか、鋼牙から笑いが漏れた。

『何がおかしい?』

「いや、なんでもない。」

答えを避ける鋼牙に何を言ってもダメなことを、ザルバは知っていた。
そのため、ザルバは自分なりに考えてみることにした。

『判ったぞ、鋼牙。
 カオルとかいう女のことを考えていたな?』

「…… まあな。」

当てずっぽうと悪ふざけから出た言葉に、鋼牙がすんなり肯定したことに
ザルバをひどく驚いた。

『おいおい、珍しく素直じゃないか。
 らしくないな。』

「そうか、俺らしくないか。」

いつにない鋼牙の態度にザルバはさらに驚いた。

(こいつぁ~、よっぽど酔っているのか?)

そう思いながら、ザルバは鋼牙に思い切って聞いてみた。

『おい、鋼牙。
 カオルっていうのは、どんな女なんだ?』

「カオルか…」

ザルバは、キバとの闘いの折りに記憶を無くしてしまっていた。
カオルのことは、ゴンザからチラッと聞いたことはあったが、鋼牙の手前、
あまり詳しくは語られなかった。
鋼牙が酔っている今なら、ひょっとして… ザルバは、そう思ったのだ。

「あいつは、騒々しい女だ。
 よく笑い、よく怒り、よく泣く…

 あいつが怒ると、こちらもつい頭に血が上(のぼ)る。
 あいつが泣くと、俺まで胸が痛くなる。
 あいつが笑うと…」

鋼牙の表情が今までになく優しくなった。
その先を続けることはなく、少し話題を変えた。

「俺は、あいつの描く絵が好きでな…」

『屋敷のリビングに飾ってある、あの絵もカオルが描いたんだろ?』

「あぁ。」

『それで、今は絵の留学で日本を離れているんだったな。

 寂しくないのか?
 今頃、向こうの男とヨロシクやってるんじゃないのか?』

「……そうかもな。」

とても穏やかな顔で鋼牙は答えた。

『おいおい、お前はそれでいいのか?』

「俺はいい…  それでカオルが幸せなら、な。

 この空の下のどこかであいつが生きていて、ちゃんと笑っているなら
 それでいいんだ。」

『鋼牙、お前ってヤツは…

 …ほんとにその女に惚れてるんだな。』

鋼牙はそれには答えず、空を見上げていた。
そして、今、思い出したかのように呟いた。

「ザルバ…、今夜は、ほんとうにいい夜だな。」

『…』

ザルバは急に話題を変えた鋼牙に、思わず食って掛かりそうになったが、
思い直した。

『あぁ、そうだな。』

ザルバは鋼牙に静かに同調してやった。


鋼牙は友の気遣いに感謝しながら、宴の余韻に身を任せた。
宴はまだ終わりそうになかったが、鋼牙の閑岱での最後の夜は、終わろうと
していた。



fin
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


TVシリーズ第1弾の第11話「遊戯」で、ふつうの男の子のようにゲームに
興じる鋼牙が見てみたいとカオルは思うのですが、ふつうに友達と酒を
飲んで、会話を楽しむ鋼牙が見てみたい… と selfish は思っていました。
(ファミリー劇場で、「魔戒指南bar」を見たら、そう思いません?
 監督や中の人たちが、barでお酒飲みながら、牙狼について語る…
 なんて素敵な企画でしょう!)

あと…
魔戒騎士は一緒に闘うだけで友情が生まれるのか?
それはちょっと無理がありませんか~~~?
とも思っていたので、今回は、3騎士や邪美が親交を深めるためにも、
一緒に酒を飲めばいいんじゃな~い? というわけで、selfish が、
酒の席を設けさせていただきましたぁ!

ワイワイ楽しんで、あ~楽しかった、明日からまた仕事頑張ろうな~
で終わりのはずが、それだと、最後がうまく終わらせることができず、
迷走してたんですね、実は。

いろいろ迷って… 鋼牙をいい気分にさせて、普段は言わない気持ち
(あっ、妄想した感情ですが)を言わせちゃいました。
酒を飲んでるときくらい、いいかな~ って思ったのですが。
そんでもって、お決まりの空を見上げて… デス。 (笑)
どうですか?

拍手[26回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe