忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

おまえのせい(11)

書いても書いても進まない。
でも、書かないと進まない。
だから、今日も一生懸命書きました。
よろしかったら、おつきあいくださいませ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ホラーに振り下ろした渾身の一撃を、不意を突かれたとは言え、ものの見事に弾かれてしまったことに鋼牙は驚きを感じた。
鋼牙の重い剣を、あの細身の剣で弾くのはちょっとやそっとの腕前では難しいことなのだ。
下手に突き出せば鋼牙の剣を受けきれずに押し負けてしまう。悪くすれば剣はポッキリと折れてしまっただろう。
受け止めた力を絶妙なバランスで吸収し、うまくそらすことができるのは、ただの力自慢の者ではまず無理と言えた。

だが、オリトにとってそれは大したことではないようだった。
鋼牙の剣を止めることができたことに特別何も感じていないようで、オリトの関心はすでにジョアンのほうにあった。

「ジョアン、逃げるんだ。
 俺が食い止められるのはそう長い時間ではない。
 だから早く行け!」

そして、目の前の鋼牙にひたと狙いをつけると、間髪入れずに厳しい突きを連続で放ってきた。
顔に、胸に、肩に、脇腹に、腿(もも)に、膝に、足元に…
並みの者ならば、オリトの剣は光の筋にしか見えなかっただろう。
そのくらい迅速で、次から次へと流れるように襲い来るオリトの剣の動きには澱(よど)みがなかった

『ほおぅ、なかなか…』

これまで歴代の牙狼とともに闘ってきたザルバも感心したようなつぶやきを漏らすほど、オリトの太刀筋は鋭く美しかった。

しかし、鋼牙のほうも負けてはいない。
オリトの息をもつかせぬ攻撃に対して、鋼牙はそのひとつひとつを丹念に見切り、的確に捉え、絶妙にすり合わせ、真正面から受けて、見事に弾いた。



そういえば、以前、オリトがゲートを封印している場面に遭遇したとき、彼の得物(えもの)を目にして、鋼牙は、おや、と思ったことを思いだした。
オリトほど体格がよく、力もありそうな者が振り回すにしては、彼の剣は華奢過ぎる気がしたのだ。
細身の長剣は振り回すには軽くて扱いやすい。だが、その反面、攻撃に威力がないのが瑕(きず)なのだ。
当然、相手の攻撃を受けるにしても、余程うまく使いこなさなければ完全には防ぎきれないことになる。
だから、ほとんどの魔戒騎士の持つ剣は、大きく重いのが一般的だった。

しかし、オリトの攻撃を受けてみて鋼牙は納得した。
こう見えて、オリトは非常に敏捷で、動きが軽快なのだ。
しかも長身でリーチが長いこともいい方向に作用している。
また、彼はかなりクレバーなタイプのようで、攻撃が実に無駄なく組み立てられているのだ。
決して一手で決めようというのではなく、何手も複雑に絡ませて仕掛けておいて、自分の最も望むような体制に相手を誘い込もうとしている。
そして、オリトの目論見に気づいたときにはすでに彼の術中にはまっていて、どうあがこうが最早(もはや)その流れを変えることは難しい、そんな戦闘スタイルのようだ。
そして、少しでも隙ができると、オリトの剣は相手の手元でぐーんと伸び、微妙に動きを変化させた。
それはまるで鞭(むち)のようなしなやかさで、常に相手の最も嫌う場所を正確に突いてくる。

とは言え、対する鋼牙も、そんじょそこらの魔戒騎士ではない。
紙一重のところでオリトの剣を交わし、速さの上でも正確さの上でもオリトに全く引けをとることなどない。

オリトの確かな技術に基づいた正確無比な攻撃に対して、これを迎え撃つ鋼牙も悠々と受け止めている姿は王者の風格があり、もし、この勝負を見る者があれば誰しもが感嘆の溜め息を漏らしただろう。

鋼牙とオリト、互いに相譲らないまま何合か切り結んだところで、オリトはパッと鋼牙から離れた。互いに息ひとつ崩さぬまま見合っている。
ただし、互いの表情には少しばかり差があった。
一方の鋼牙が泰然としているのに比べ、オリトの表情はかなり険しかった。

(なぜこいつは仕掛けてこないんだ?)

オリトは気付いたのだ。
鋼牙がオリトの剣を受けるものの、決して攻撃しようとしないことに、だ。
間違っても、鋼牙が防御に一杯一杯で、どうにも手が出せない、などということではない。
どれもかなり際どいところを突いているはずなのに、鋼牙には少しも焦っている様子はないのだから。

もちろん、正直なことを言えば、オリトは黄金騎士に勝とうなどとは思っていない。
傷のひとつもつけることができたら、そして、それが少しでも足止めになれば… という一心である。
だが、直接手合せしてみて、オリトには冴島鋼牙の強さがよくわかった。
さすが、牙狼の鎧を受け継ぐだけあって、鋼牙に一太刀でも浴びせることはちょっとやそっとのことではできそうにないと思った。

オリトは鋼牙と向かい合ったまま、じっと鋼牙の出方を待った。
その距離は3mほどか。
どちらかが動けば、あっという間に互いの剣の届くところとなる。

どのくらいそうしていたのか、じりじりとした緊迫感の中で、オリトはとうとう鋼牙に声を掛けた。

「どうしてなんだ」

「何がだ?」

「どうして俺を斬ろうとはしない?
 なぜあんたから攻撃を仕掛けて来ないんだ?」

オリトの声にはほんの少し苛立ちが混ざっていた。

「あんたにとって、俺は斬る価値もないってことなのか?」

決して奢(おご)っているわけではないが、少なからず自分の腕には自信のあったオリトは、鋼牙の態度に魔戒騎士としてのプライドを傷つけられた気がしていた。

「勘違いするな」

鋼牙はすぐさま否定した。

「俺が受けた指令は、おまえが闇に堕ちているならば斬れ、というものだ。
 見たところ、おまえは闇になど堕ちていない。
 だから、俺が斬る相手はおまえではない…
 ただ、それだけだ」

落ち着いた声で、きっぱりと鋼牙は言った。
それを聞いたオリトは動揺した。

「馬鹿な…
 俺はホラーと行動を共にしている。
 それだけでも、あんたが俺を斬る理由には十分だろう?」

オリトは自分では気づかなかったが、泣き出しそうな表情になっていた。
これまで魔戒騎士として誠実に指令に従事してきた彼にとっては、今の自分の状況は許さらざるものだった。
だが、だからと言って、ジョアンの姿をしたセクメトを今さら斬ることもできない。
そんなにっちもさっちもいかないところに、「ホラーとともに行動を共にしている」と自分の口から言ったことで、自分は魔戒騎士としては駄目な存在なんだと自らが認めてしまったようでどうしようもない絶望感を感じる。
セクメトと行動を共にするようになってからも、人を守りたいという純粋な想いでオブジェの封印に取り組んできたつもりだったが、今となっては「それでもまだ魔戒騎士である」といった気概というより、「道を外れてしまったことへのせめてもの償い」の行為だったような気がしてきた。

(俺はどうすればいいんだ! 何をすべきなんだ!)

オリトはこれまでずっと悶々としていた問いかけを胸に、すがるような思いで鋼牙の返事を待っていた。
鋼牙はオリトのまなざしをしっかりと受け止めつつ、静かに口を開いた。

「もう一度言おう。
 おまえを斬る理由は俺にはない。
 俺が今、為すべきことは…」

鋼牙はゆっくりと視線をセクメトの方に移すと
きっぱりと言い切った。

「ホラーを斬ることだけだ」



ジョアンは… いや、セクメトはビクリと身体を震わせた。
セクメトは、ふたりが激しい攻防を交えている間、逃げもせずにじっと闘いを見守っていたのだ。
鋼牙に射すくめられたように、セクメトは青ざめ、立っているのがやっとといった状態だった。

その姿を見ても、やはりオリトの目にはジョアンが怯えているようにしか見えなかった。

(ああ、ジョアン…)

キリキリとした胸の痛みとともに、オリトはこれまでのことを思い起こしていた。

  ジョアンと過ごした楽しい日々
    そして、突然訪れた悲しい別れ

  そこに突然現れたホラーからの突拍子もない申し出
    ジョアンを失うことを恐れるあまり、ホラーの言いなりになってしまったこと

  ホラーと知りつつも、それでもジョアンを失うことに耐えられない己の弱さ
    それでも魔戒騎士である自負を胸に、ゲートを浄化して回る毎日

今の精神状態を例えて言うなら、まるで細いロープの上で、後ろに下がることも前に進むこともできずに懸命にバランスを取っているような感覚にも似ていて、いっそ落ちてしまえたら楽なのにと思いつつも、それでも必死にロープにすがりつこうとする自分にもどかしさがあった。

そんなオリトの想いが波動として伝わったのか、鋼牙にも切れ切れに、オリトとジョアン、そしてセクメトの姿が走馬灯のように見えていた。

(愛する者が…
 そうだったのか…)

オリトの心が悲鳴をあげているような感覚を感じて、鋼牙は痛ましそうに目を瞑ったが、すぐにカッと目を開けた。
鋼牙は、オリトやジョアンへの憐憫の気持ちを掻き消し、ただ目の前のホラーに集中することだけを自分に命じた。

(ホラーは斬る…
 それが俺の使命だ!)

鋼牙は、剣を握り直して、セクメトに狙いを定めた。



to be continued(12へ)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[23回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久し振りです。Mionです!
コメントをどうしたらいいのか、どう伝えていいのか分からず、ずっと読み逃げしておりました。す、すみません。
で、でも!11話でやっとコメントに光が!笑。

Mionが感じた素直な気持ちなんですが、拝読中、最後鋼牙がセクメトことジョアンに剣を向けておりましたが、Mionには拝読最中、読み進めていく中でずっとジョアンことセメクトをオリトが魔界に還す(斬る)のでは...と思えてなりませんでした。
大事な人だからこそ、人の手によって斬られたくない。そんな思いがオリトの中で沸々と湧き上がるのではないか...と、そう感じたのです。
鋼牙が言うようにオリトは魔戒騎士。忠実に番犬に属した力ある魔戒騎士。自問自答し答えが見つからないオリト。けれど、鋼牙の「俺にお前を斬る理由がない」とその言葉でオリトの心を救い、自問自答を繰り返すオリトは鋼牙によって「許され、光がさす」と感じてしまうMionは浅はかでしょうか?
ジョアンが大事だからこそ、セクメトに情が写ったからこそ、鋼牙でなく、オリトが自分で全てを終わらす、自分のしでかしたこと、それを終わらせるのはオリト自身なんじゃないかと...。

う゛~ん...それだとセクメトが「強い」という鋼牙の第三話冒頭の心情につじつまが合わなくなってしまう(>_<)オリトが「強い」なら愛する人の身体を斬る、という選択をしたオリトは強いと、自分の身に起きたら俺は同じことが出来るだろうか...と鋼牙が息を突き、どうしてか、カオルの人肌恋しくなって二話にいく?のだろうな、と思いますが、そうじゃないんですよねぇ~(>_<)
この後のセクメトがどうなっていくのか...それを楽しみにしています!
あ、あれ?なんかMion、selfish様の首を絞めた感が否めないのですが...き、...気のせいですよね?(^_^;)
心桜 2015/06/30(Tue)10:21:54 編集
Re:無題
Mion様、心のこもったコメントありがとうございます!
読み逃げなどというのは、どうかお気になさらず。
何か思うところがあったときに、ポトリとコメントなりを落としていってもらえれば、それでもう十分ですので。

>Mionが感じた素直な気持ちなんですが、…

(なるほど、なるほど…)
(そうきたか…)
Mion様のコメントを読みながら、いろいろ思うところがありました。

正直なところ、この段階でもまだ完全には固めていないところもあります。
また、11話を書いていくうちに少し変わってきたところもあったりします。
そして、Mion様のコメントから、強く心に決めたことも…

そんなふうにフラフラしつつ、最後には落ち着くべきところに落ち着いてくれたらいいな、と他人事のように思っております、はい。 (^_^;)

>あ、あれ?なんかMion、selfish様の首を絞めた感が否めないのですが...き、...気のせいですよね?(^_^;)

ふふふ、気のせいということにしておきましょう。うん、気のせいです。
実は、Mion様のコメントよりも何よりも、過去に自分が書いてしまったことのほうが、よほど自分の首を強力に締めつけている気がしています!
いやぁ~ うまく、2話目に戻っていけるでしょうか? ドキドキです。
【2015/06/30 21:40】
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
夕月 様[06/16]
夕月 様[06/15]
ナサリシチ 様[06/08]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe