忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

rainy day

どうしたわけだか、この数日間、ものすごく眠たくて眠たくて目を開けて
いられないのです。
この眠気に勝てず、妄想どころでない…

そんな合い間に、ちびりちびりと書いたものがこの妄想

とても短いのですが、そして、ドラマ性ゼロなのですが、それでもいいよ!
という方はどうぞお先へ。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

雨が降ってる…



カオルはいつもより薄暗い部屋の中で目覚めた。

(今、何時…)

視線を彷徨わせているうちに、聴覚がゆっくりと働き出す。

(…雨か)

そのまま、また眠りに誘われそうになるのをグッとこらえて、ゆるゆると
身体を起こしていく。

キッチンに向かい、ケトルに少しだけ水を入れ、お湯を沸かし始める。
そうしておきながら、キッチンから出て、洗面所に向かう。
鏡に映る自分をまじまじと見た。

まだ眠そうな目、ボサボサな髪。

小さく溜め息をついた後、顔を洗い、髪をとかして、鏡に向かって笑顔を
無理矢理作ってみる。
少しはマシになった自分を確かめた後、唐突に思った。

(あっ、コーヒー飲みに行こう!)

カオルの顔に本物の笑みが浮かび、身支度を整えるために、バタバタと
洗面所を出た。




外に出ると。雨の匂いがした。
湿り気を帯びた外気が、肌に浸透するような感じがした。
しとしととそぼ降る雨の中、お気に入りの傘を差して、カオルは大きく
一歩目を踏み出した。



コーヒーショップのドアをくぐり、コーヒーの香りに包まれる。
カオルは無意識に深呼吸して、芳香を胸いっぱいに満たした。

朝食がまだだったので、コーヒーとともにマフィンもオーダーした。

窓際に席を取り、コーヒーを一口。

(あつっ…)

熱いコーヒーが喉を通り、空っぽの胃の中に落ちていく。

窓の外に視線を移してみた。
街路樹や植え込みの緑が、雨のおかげでいきいきとしていた。
銀糸のような雨が、街並みを煙(けむ)らせている。
コーヒーを味わいながら、そしてマフィンに手を伸ばしつつ、時間が経つのも
忘れて、窓を伝(つた)う雨粒を眺めていた。

街ゆく人に視線を移した。
傘を差そうかどうしようか迷うくらいの小さな雨のせいか、半分くらいの
人しか傘を差していなかった。
ぽつりぽつり咲いた色鮮やかな傘の花をひとつひとつ目で追ってみる。

そのとき、長身の人影が目に留まった。
人波より頭半分飛び抜けていたその男は、鋭い双眸をしっかりと前に向け、
微塵の揺らぎも感じさせなかった。

(あっ…)

カオルはその人影を追おうと思い、反射的に立ち上がりかけた。
だが、すぐに、テーブルについた手から力を抜くと、すとんと席に腰を
落とした。

(やめた…)

カオルはそう思うと、鋼牙の姿を目で追った。

今から追いかけたとしても追いつくことができるか判らない。
ましてや、追いついたところで…


鋼牙のあの様子では、次なるオブジェへと先を急いでいるところだろう。

(そこにあたしが現れても、鋼牙の仕事の邪魔だもんね)

一歩一歩確実にカオルのいる店へと近づいてくる鋼牙。
その歩みとカオルの鼓動が重なるように感じた。


  コツ   コツ   コツ  …
    トクン  トクン  トクン …


カオルの眼の前を鋼牙が通り過ぎた。
鋼牙が通り過ぎる瞬間、

(気付いてほしい…)

という気持ちがなかったわけではないが、鋼牙はカオルに気付かなかった。

カオルは通り過ぎた鋼牙の背中を見つめた。
闘うことを宿命づけられた背中…
ピンと伸びた背筋に、雨に濡れた牙狼の紋章が鈍く光る。

(これからもずっと、こうやって鋼牙の背中を見送るんだろうな…)

そう思ったのも束の間、鋼牙の背中は人混みの中に消えていった。
鋼牙の姿が見えなくなってしまうと、カオルはテーブルの上で手を組み合わせ、
目を閉じて、神に祈るような恰好をした。
そして、ゆっくりと目を開けると、カップの底に残っていた冷えたコーヒーを
一息に飲み干した。

(さて… と)

カオルは勢いよく立ち上がると、きびきびとした様子で店を出た。



外に出ると、雨は止んでいた。
少し明るくなった空を見上げる。

(さっ、あたしも鋼牙に負けないように、いい絵を描こう!)

カオルはそう心に決めると、目の前の水溜りをひらりと飛び越えて歩き出した。



fin
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


雨の日。
たまたま耳にした雨の歌。
(すいません、またニコ動で…)

’くりむぞん’ さんの歌う
    ’Rainy,Rainy,Rainy.’
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20830455

しっとりとした、けだるさの漂う素敵な楽曲ですよ。
よろしければ…

この曲が、雨にまつわる鋼牙さんとカオルちゃんを妄想できないかなぁ~
というきっかけとなりました。
(’きっかけ’ なので、歌詞のほうは全然、全く、この妄想とは関連ない
 です!)

この妄想は、カオルちゃんを演じる美佳ちゃんのイメージで、「雨の日も
出かけよう」というところからスタートした妄想です。

色や音、匂い、そして味など、五感に訴えかけるような描写を織り交ぜた
つもりですが、雨の日だからこそ、じっとして自分の感覚を研ぎ澄ませて
感じてみるのもいいのではないでしょうか?

ただねぇ、触覚がないんですよね…  残念だ。  (苦笑)


拍手[23回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時には
鋼牙と少し距離を取ってみる。
「会えない時間が愛育てるのさ」…byひろみごー!
って、古ッ!

鋼牙の背中を見送るカオル。
この距離感も、二人ならでは…ですね。
URL 2013/05/14(Tue)12:16:53 編集
Re:時には
「会えない時間が…」って、別の妄想のときに、確か心太様も言っていたような…
世代でしょうか?
いやいや、もうそれ以上は突っ込みませんからっ! (笑)

すぐに会えるから… という安心感もあって、黙って見送ることができるのでしょうね。
そうじゃなかったら、カオルちゃん、ダ~~~ッシュ!! ですよね?
【2013/05/14 20:47】
無題
こんばんは、大変ご無沙汰しております、カオルの鋼牙を思う気持ち、うん何ていうかいじらし、きずいてほしけど、仕事の邪魔はしたくない、オトメ心、鋼牙分かるわかんないだろうな、パズルが連休にトラブルで半壊しまして半べそで心折れ、何とかふかつすべき、再度頑張っております、
かままま 2013/05/15(Wed)00:36:11 編集
Re:無題
パズルが佳境に入っていらっしゃるのかな~ などと思っていたのですが、なんと、壊れちゃったのですか!
心折れる気持ち、ものすごくよく解りますよ。
泣くに泣けない、あの辛さ… く~っ

全部壊れたのでなくてよかった、また作る楽しみができた… と、うまく心を紛らわせて、完成を目指して牙んば狼~!
【2013/05/15 19:54】
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe