忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

まなざしとささやき(2)

なんか、当初の妄想と違う方に走っていきそうなのです。
それが吉と出るか凶と出るか…

妄想よりももっとヒドい "思いつき" に格下げかもしれません。

が、それでも… という方は、「まなざしとささやき」の続き、どうぞ、
お読みくださいませ。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とはいえ、鋼牙の様子は笑っていられるほど無事ではないようだった。

「ゴンザさんを呼ぶなと言うのなら、呼ばないけど。
 …でも、お願いだから、せめてベッドに横になって。」

「…あぁ、すまないが、そうさせてもらう。」

(あの鋼牙が、あたしの言うことを素直に聞くなんて…)

カオルは、いつもなら考えられない状況に戸惑いながら、鋼牙が
創造以上にダメージを受けていることを確信した。

やがて、鋼牙は安らかな寝息をたてて眠った。
それを見届けた後、カオルはその場をそっと離れ、階下に下りていった。

「カオル様、まだ起きてはなりません!」

目ざとくカオルを見つけて気遣うゴンザだったが、カオルはそれを制して
言った。

「私は大丈夫。
 それよりゴンザさん、お湯とタオルを用意してほしいの。
 鋼牙の顔や身体を拭いてあげたいの。」

「そのようなことはわたくしが…」

「ゴンザさんっ
 あたしにやらせて、お願い…」

まだ声には力がなく、やっと立っているような状態のカオルだったが、
その眼には強い力が宿り、ゴンザの胸を激しく打つのだった。

「…わかりました。
 それでは、お持ちしますので、くれぐれも無理はなさらないでください
 ませ。」

「…ありがとう、ゴンザさん」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それから、カオルは、ゴンザに手伝ってもらいながら、グラウ竜との
闘いで泥だらけ、傷だらけになった鋼牙の身体を、湯で湿らせたタオルで
きれいに拭いていった。
その間、鋼牙は二人に身体を預け、一度も眼を開くことはなかった。

「カオル様、ご安心ください。
 確かにヒドい打ち身や多少の傷はございますが、どこも折れては
 いないようですし、すぐに手当てが必要となるような大きな傷は
 ございません。
 なぁに、鋼牙様のことです、一昼夜もすれば起き上がれるように
 なられます。」

身体を拭きながら、ゴンザは怪我の状態を仔細に確認していたようで、
カオルを安心させるように優しく、そしてキッパリと言った。

「ホント? …よかったぁ。
 ねぇ、鋼牙が眼を覚ますまで付き添っていたいんだけど…
 …あっ、決して無理はしません。
 だから、いいでしょ? お願い、ゴンザさん…」

「いいえ、なりません…
 と言いたいところですが、大人しく言うことをお聞きになられないことも
 存じ上げております。
 くれぐれも無理はしないでくださいませよ! いいですね!」

「ありがとう、決して無理はしません。
 せっかく、鋼牙が救ってくれた命だもの… 約束します。」



to be continued(3へ)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[11回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe