忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

子どもなんかじゃ(1)

1期のちょっとブッ飛んでるカオルちゃん、かわいかったな~
…と思い出していただきながら、こんな妄想はいかがでしょう?


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ゴンザさんとお茶の時間。
おいしいと評判のシュークリームを前にして、あたしは口元が緩むのを感じていた。

「これ、ふわとろクリームがた~っぷり入っていておいしいヤツですよね?
 きゃー、うれしぃ~♡」

テンションMAXのあたしの声に、ゴンザさんもニコニコとしながらティーカップに琥珀色に輝く紅茶を注いでいる。

「カオル様にそんなに喜んでもらえて、わたくしも並んだ甲斐がありました」

コトリとカオルの前に置かれた紅茶も、なんだか嬉しそうにきらきらと揺れている。
ありがと、とゴンザに答えてから、カオルは大きなシュークリームを両手で持った。
ゴツゴツとした硬めのシュー皮のカットした隙間から、白いホイップクリームが顔を覗かせている。
クリームがたっぷり入っているという噂なだけに、かなりの重みを感じるのも、カオルの期待をいやが応にも高めてくれる。

「いっただきま~す!」

大きな口を開けて、最初の一口をかぶりつく。
香ばしい香りと甘い香りが鼻を抜け、一歩遅れて、濃厚でいて上品な甘さの舌にも滑らかなクリームが口の中いっぱいに広がった。

「んふ~♡」

言葉にならず、吐息だけでおいしいことをゴンザさんに伝える。
ねぇ、ゴンザさん、伝わった?

ゴンザさんを見ると、満足そうに何度もうなずいてくれていて、どうやらちゃんと伝わったみたい。

もう一口…

「はむっ」

嗚呼、しあわせだぁ~

けれども、シュークリームって最初の一口はいいけど、食べ進めるうちにどんどん中のクリームが氾濫してくるのよねぇ。

やだ、こっちがこぼれそう。
あっ、こっちからも!

そうやって悪戦苦闘しているところで、リビングへと誰かが入ってきた。

あっ、鋼牙!

ゴンザさんがすぐに鋼牙に近寄り、声を掛けている。

「鋼牙様、おかえりなさいませ」

「ああ…」

そう言いながらコートを脱ぐ鋼牙に、ゴンザさんが手を貸している。
コートを脱いで身軽になった鋼牙があたしのほうを見たので、

「おかえりなさい」

とシュークリームとの格闘を中断して、にっこり笑った。

「ただいま」

優しい目をした鋼牙がそれに答えて、それからクスっと笑った。

「ん?」

何を見て笑うのかわからないあたしがキョトンとした顔をすると、

『おいおい、カオル。
 おまえ、今、すごーくしあわせそうな顔してるぞ』

とザルバが言った。
だから、

「えーっ、だってしあわせだもん。
 このシュークリーム、とってもおいしいんだから~」

と能天気に答えたら、

『クックックッ、いい大人が菓子ひとつでそこまで喜ぶとはな』

と言うから、ちょっとばっかりムッとする。
ムカつくザルバに反論のひとつもしようと口を開きかける。
だが、結局のところ、あたしは言葉を飲み込まざるを得なくなったのだ。
というのも、鋼牙があたしにぐいっと顔を近づけてきたから…
思わず、身体を後ろに引いてしまっていたが、鋼牙はそれにも構わず手をあたしの顔へと伸ばしてくる。

鋼牙の目線はあたしの口元。
そして、指もそこに近づいてくる。

 ごくっ

無意識のうちに喉が鳴る。

やがて、鋼牙の人差し指の背が、あたしの口元をクイッとぬぐって、あたしの目の前で止まった。

「ついてるぞ…」

鋼牙の指には、クリームが…

「あっ」

と言ったときには、もう鋼牙がそのクリームをペロリと舐めていた。
あたしは、息を飲んだまま動けない。

は、はずかしい…

羞恥心で顔を赤くするあたしに対して、鋼牙はなんでもないことのように平然として、こう言った。

「こぼすなよ?」

そして、あたしの頭をクシャクシャと撫でて、フッと余裕の笑みを浮かべてからリビングを出ていったのだ。

あたしの顔は一層赤くなった。
けれどもそれは、羞恥や照れからくるものではない。

もう! まるで子ども扱いじゃないっ!

ザルバの言葉や鋼牙の対応にイライラしたあたしは、まだ手に残っているシュークリームを親の仇かのように睨むと、パクパクと食べ進めた。
そして、ゴンザさんの入れてくれた、香り豊かな紅茶を味わうことなくグイッと飲むと、やや乱暴にカップをソーサーに戻したのだった。

すっくと立ちあがったあたしは、

「ごちそうさまっ」

と少々語気荒く言うと、鋼牙の姿を追ってリビングをあとにした。





冷静に、冷静に…

リビングから書斎へと向かう間に、あたしは気付いていた。
こんなことでカッカしてるなんて、それこそ子どもみたいじゃないか、と。

書斎にたどり着き、ドアを前にして深呼吸をひとつしてからノックする。

 コンコンコン

中からくぐもった返事が聞こえた。
それを合図に静かにドアを開ける。
口を横一文字に引き結んで笑顔もなく、無言のままゆっくりと足を進めて、書斎机に向かう鋼牙の前まで来て立ち止まった。

顔を上げた鋼牙が

「どうした?」

と尋ねてくる。

「ねぇ、鋼牙。
 鋼牙はあたしのこと子ども扱いしてない?」

「子ども扱い?」

うん、とうなずく。

「こぼすな、とか、頭撫でたりだとか…
 なんだか小さな子ども相手にするみたいで、あんまり気分がよくない!」

そう言って眉をしかめてみせて、不快さをアピールする。
それなのに、鋼牙は涼しい顔で、

「俺は子ども扱いしたつもりはないが?」

と言うので、

「鋼牙にそのつもりはなくても、あたしはそんなふうに思ったのっ」

と口調が少しきつくなってしまう。

「そうか…」

呟くようにそう言った鋼牙が、何か考えている。


to be continued(2へ)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[15回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe