忍者ブログ

きんのまなざし ぎんのささやき

聖夜の果て(1)

(かなり早いですが) Merry X'mas!

魔戒騎士のクリスマス…
そんなことを妄想してみたら、なんだか思いもしない方に話がコロコロと
転がっていきました。
この分では、早めにスタートしないと、クリスマスに間に合わなくなるという
事態にも…

というわけで、フライング気味に、よ~いドン! です。

フライング?  そうです!
ラストがまだ流動的な状態での見切り発車ですぅ~ (懲りないヤツ…)

クリスマスという特別な妄想が、こんなんでいいのでしょうかっっっ
よくないに決まってますが、まぁ、selfish の妄想なんて、そんなもん…
と諦めてくださいませ。


それでは、ささやかですが、selfish からのプレゼント。
楽しんでもらえたら嬉しいです…



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

白い季節がやってきた。

冴島邸がある北の管轄は、11月の末ともなれば雪の便りがちらほら
舞い込み、12月の声を聞くと、あっという間もなく、白い魔物に町が
埋もれてしまうことになる。

カオルが東の管轄にいたときには、

「クリスマス・イブには、雪が降ったらロマンチックなのに…」

などと思っていたが、この北の管轄でいざ冬を迎えてみると、

「クリスマス・イブは、晴れてくれないと鋼牙のとこまでたどり着けないよぉ」

と心配するようになっていた。



今日はクリスマス・イブ。

カオルの祈りが届いたのか、朝から快晴であった。
白く降り積もった雪に陽光が反射し、眩しくて目を開けていられないくらいだ。

カオルはひどく難儀しながらも、冴島邸の玄関前まで、なんとかたどり着く
ことができた。

「はぁ~っ」

慣れない雪道を歩き続けた疲労感と、無事に来れたことへの安堵から、
カオルは、青空をバックにそびえ立つ冴島邸を見上げるようにして、
大きく息を吐いた。
白い息が青空へと昇る前にすっと消え去っていく…

少しの間、呼吸が整うのを待ってから、おもむろに、カオルはカバンの中を
ゴソゴソと探し始める。

ニコっという笑みとともに、何か茶色いものを掴(つか)んだ右手を、
カバンの中から出した。
そして、その茶色いものを頭に装着してから、よしっという感じでひとつ
うなずくと、ようやく玄関ドアを勢いよく開けようとした。

すると、タイミングよくドアが中から大きく引き開けられたではないか!

全体重を預けてドアを押し開けようとしていたカオルは、当然のことながら
バランスを崩して、前につんのめるようにして邸内に突っ込む形になった。

「きゃっ」

小さく叫んだカオルの目の前に、黒くてゴツゴツしたものが迫り、顔面を
かばう暇もなく、カオルは目をぎゅっと閉じることしかできなかった。
だが、激突しそうになった瞬間、誰かに肩を掴まれ、鼻先をわずかにかすめた
だけですんだ。

「大丈夫か?」

その声に、カオルは閉じていた目をそっと開けた。
目の前の黒いものをよく見ると、それは鋼牙の胸部だと判った。
そこで、目線をそのままゆっくり上に上げた。
そこには少し驚いた表情の鋼牙がいて、カオルは思わず笑顔を見せた。

「あ~ びっくりした…」

カオルが無事であることが解ると、鋼牙はいつもの表情に戻った。

「その頭のはなんだ?」

今の衝撃で、カオルの頭から半分外れかけたものを見ながら鋼牙は言った。

「あぁ、これ?

 これは、トナカイの角(つの)!

 ほら、今日はイブでしょ?
 ちょっとクリスマスムードを盛り上げようかな~、なんて思ったのぉ」

そう言いながら、トナカイの角をかたどった飾りのついたカチューシャを、
頭に真っ直ぐに付け直した。

『そいつは確かにトナカイだな。
 しかも鼻まで赤いという念の入れようとは…

 さすがだな、カオル!』

ザルバが愉快そうに話しかけてきた。

「ちょっ… やだ!」

カオルは慌てて鼻を隠して、ザルバを睨みつけた。

「カオル様、外はお寒かったでしょう?
 さぁさ、中にお入りになって温まってください」

鋼牙の陰にいたゴンザが、そう声をかけてきた。

「ありがとう、ゴンザさん。

 それはそうと…
 鋼牙は今から出かけるの?」

カオルは鼻を隠したままゴンザに笑顔を見せた後、鋼牙に質問を投げかけた。
鋼牙は、少し表情を曇らせながら言った。

「西の管轄から要請があり、急遽これから向かうことになった」

『西で手こずっているホラーがいるんだとよ…』

ザルバが言葉を付け足した。

「これからって…
 帰りは遅くなるの?」

驚きながら心配そうにカオルは聞いた。

「できるだけ早く片づけるつもりだが、今日中に帰れるかは約束できない…」

鋼牙の眉間のしわが一層深くなった。

少し硬い表情で鋼牙の話を聞いていたカオルだったが、すぐに明るく笑って
見せた。

「解った…

 焦ると怪我しちゃうよ。
 あたしのことはいいから、しっかり…  ねっ?」

カオルが首をちょっと傾けると、必然的に、頭につけたトナカイの角も揺れた。
鋼牙は少しほっとして、カオルを見つめた。

「あぁ…
 すまないが、行ってくる」

そう言うと、ゴンザには 「あとは頼む」 と目で伝え、玄関を出ていった。
カオルは、玄関ドアの前に佇(たたず)み、白い世界に溶け込みそうな、
鋼牙の白いコートの背をいつまでも見送り続けた。



to be continued(2へ)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

拍手[21回]

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ぼんやりが形に・・・
なってますね~
見切り発車、どんとこい!
読者になってクリスマス満喫だわ~ ❤
なな 2012/12/19(Wed)23:42:32 編集
Re:ぼんやりが形に・・・
見切り発車、お許しが出てしまったぁwww
ありがとうございます!

余所様サイトのみなさんは、X'mas当日にどどぉ~んとアップされるでしょうけど、selfish にはそんな芸当、無理です~
一回で書ききるには、書くための集中力が持ちませ~ん!
しかも、書き溜めておいて公開せずに持ってるってことも苦手です…
隠し事ができないタイプなのかなぁ?

なので…
いつものように、チビチビと書いては公開、書いては公開させていただきますね!
実は、こうしたほうが、主旨が定まらずに千鳥足であってもバレないかなぁ~ なんて… (苦笑)
【2012/12/20 20:17】
selfish と申します。
無愛想な魔戒騎士や天真爛漫な女流画家だけにとどまらず、大好きな登場人物たちの日常を勝手気ままに妄想しています。
そんな妄想生活(?)も5年を経過しましたが、まだ飽きていない模様…



tomy 様[07/27]
麗羽 様[08/23]
夕月 様[12/22]
夕月 様[07/15]
夕月 様[07/14]
こちらから selfish 宛にメールが送れます。
(メールアドレス欄は入力しなくてもOK!)

こちらからゲームが楽しめます!
(もちろん無料!)



脳が飛び出す回転パズル くるポト
PR
忍者ブログ [PR]
Template by repe